2018年01月31日

賢竜杯Xiiを終えて -Side W- 後編(執筆:わらい)

ついに最終回。

    前編:前日予選ルール担当に至った経緯と設計思想、「竜への想い」について
    中編:前日予選(A)~(D)個々についての実施意図と、結果を踏まえてのコメント
今ここ→後編:運営主幹という肩書と、開催後になって感じたこと、数多の反省点

前日予選が終わった後は本戦組み合わせの確認、本戦当日は自動抽選の監督をメインに担当しておりました。
まずは全日程がなんとか終わって感謝、その後は一人もしくは複数人にて反省会を行い現在へとなりました。

最後はここに書ける範囲での個人の反省点&改善可能点を簡潔に記して〆とさせていただきます。
今後、よりよいイベントを実施するためにすこしでもお役に立てれば幸いです。

・事前の準備について:会場に対する知識をもっと固める
・運営主幹について:自分のカバーできる、しなきゃならない領域をもっと明確に設定する
・ルール設定について:あらゆるシチュエーションの洗い出しと、対応のマニュアル化
・前日当日の準備に対して:体を鍛える
・当日トラブルへの対応:選択肢が一択の場合は決断をもっと早める
・表情:過度に強張らないよう気を付ける
・まだまだたくさん

大会を終えてひと月近くになりますが、完成度を想定の100%に近づけるのがこれほど難しいのかと、今までで最も強く感じた3日間(金曜~日曜)でした。
メインスタッフとしては私は2回目の参戦でしたが、当初の予想以上に多くの業務へ携わる機会をいただきました。私個人としては期待通りの成果を出せたとの評価は出せず、応えられかった悔いも多く残ることとなりました。
一方今後はどうしたいか、また多く残った課題と現状を良くしていくか、を考える場は新たに生まれつつあり、私も微力ながら新たな模索を始めるようになりました。継続が大事。
もし次回があり、かつそれに私も参画することとなったら、分かりやすい形で「変わる」ところをお見せできるようにしていくつもりです。アイデアも既に準備を始めていたりします。
ただ、次の竜が本当にあるのか、あるならいつか、についてはまだ誰も知らない・・・(はず)
私はしばらく「その時」が来た場合に備えてやれることをやろうと思います。
それではいつかまたどこかでお会いしましょう。。。。。


-----すぺしゃるさんくす-----
・賢竜杯に参加した、興味を持ってくれた、認知してくれた、あるいはそれ以外のQMAプレイヤーの皆様
・KONAMI及びQMA開発チームの皆様
・PiO関係者の皆様
・予選実施をはじめとした各アミューズメント施設のオペレーター及び店舗現場の皆様
・ゲーム機稼働のためのインフラを整備される&された皆様
・そもそもその土地を形作った地球
・地球が位置する太陽系を含む宇宙
...And You!
-----スペシャルサンクス-----
posted by D-Pro at 22:11| スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

賢竜杯Xiiを終えて -Side W- 中編(執筆:わらい)

おまたせしました。全3回連載の第2回目です。

    前編:前日予選ルール担当に至った経緯と設計思想、「竜への想い」について
今ここ→中編:前日予選(A)~(D)個々についての実施意図と、結果を踏まえてのコメント
    後編:運営主幹という肩書と、開催後になって感じたこと、数多の反省点


(A)ジャンルスターリバイバル
・当初は各ジャンル16人定員の予定でしたが、色々あって8人定員に落ち着きました。
(中間発表の影響があったとはいえ)結果としては適正な規模に収まったと思われます。
・ノンジャンルはエントリー後半で一気に0人→8人になり、結果的には激戦になりましたね。
・あと、(D)を見据えて参加される方がもう少しいるのではないかと思ってましたが・・・?


(B)地域対抗団体戦
・今回のチーム決定手順は以下の通りでした。
(1):定員オーバーした「東京」と「近畿」を抽選により選抜
(2):定員ぴったりだった「関東」を抽選により2チームに分ける
(3):(1)で当選しなかった方とエントリー時に希望地域欄を設定されなかった方を、「北海道・東北」「中部」「中国・四国」「九州・沖縄」の空き枠に分ける
今回は本番の進行を考慮して事前抽選(私と技術担当の2名)を行いましたが、場の盛り上がり等を考えると、事前の取り組みはリハーサルに留め、生抽選を行った方が良かったと反省しております。
・予選の進行はややタイトではあったものの、概ね想定内。
・決勝は、ご存知の通り出題ミスが発生してしまいました。
こちらでアナウンスを丁寧に行えてれば防げたかもしれず、悔恨の念が今も絶えません。
・運営面での反省はもう一つ。
前半の試合内でミスが発生した場合、後半の試合を記録に勘定するか、7人全員0点扱いとするかはどこにも明記されておらず、後半4人の試合開始前に急遽決定となりました。
マニュアル整備が不十分なため皆様に迷惑をお掛け致しました。


(C)闇鍋トーナメント
・現地ではかなりさくさく進めることができましたが、当初案では更に別のある構成要素がありました。
今思うとこれはかなり重かったので、ばっさりカットして良かったと思います。
・「ミニトーナメントの集合体」という発想の原案は私ではないですが、かなり早い段階で共感を抱き、取り入れようという考えに至りました。
・SG規模の大会では否が応にも進行の効率をある程度は意識する必要があります。そのため、前日予選当日予選は大人数を「2回ないしは3回にかけてふるいにかけていく」という形が主流となっています。
本来こっちの方が闇鍋感あるとも言えますが、今回敢えてこのようなマッチングルールを作りました。
・「この場を勝ち抜く、生き抜くために最善を尽くす」にというタイプに対して、本種目は「本戦進出するには○○に勝たないといけない」「最後に××を出せるよう計算したい」「何としてでも1回は勝って(D)以降に繋げたい」等、同じ試合でも対戦者によって異なる気持ちで試合に臨むような構成となりました。
・サバイバルタイプは前日予選(D)と本戦にて嫌というほど味わえるので、個人戦一本でいくことを選んだ方にも、個人戦の中でも2種類の戦い方(楽しみ方)を用意できたのは結果的に良かったなと、最終的には思えるようになりました。
・実はスタッフ内での議論がローリング並みに盛んにおこなわれていたところなのですが、ここについてはそれに見合う内容で当日を迎えられたのではないかと自負しております。


(D)早抜けローリングバトル
・縛りが完全同一再使用禁止のみなのは、予選各種目間のバランスを勘案してのものでした
・集計に手間取り、一度誤った結果を発表したのは本当に申し訳ございませんでした。
・得点差による勲章ボーナスは事前告知していた方がわかりやすかったですね。

・今回の構成の肝であり、全てはここに集まる、という意図での実施でしたが当日は全3戦を全2戦に縮小。
本来お出ししたかったもの、見たかったものを100%実現することは叶いませんでした。
・縮小したのは(C)が終了した時点で、3戦目を行う時間(約40分)確保がほぼ不可能な状況となっていたのですが、終了間際から2戦終了の判断を下すまで、私は必要以上に悩んでしまいました。


以下、当時主幹として私が考えていたことの一部を羅列いたします。
----------
予定スケジュールはまず無理
じゃあ全員2試合保証?
それともラウンド2から開始扱いにする?
でもそれは公表情報は勿論スタッフマニュアルにも一切ないよ?いきなり言い出しても絶対会場混乱するよ?
2試合にして、更にラウンド1で72位までの足切り作る?
ただでさえアドバンテージ持ちの優位性高まっているのにそれは0スタートに不利すぎでは?
ここまで試合数絞ると逆に時間余りそう?
やっぱり全員2試合限定が無難?
0スタートで初戦4位だったらほぼリザーブも無理だけど、モチベーション大丈夫かな?
ただ、元々最低2試合できるのがウリで更に全体への理解周知が一番確実な選択肢はこれだろう
----------
私の中で上記内容で流れ、まとまり、全員2試合での短縮策がとられました。

本種目をはじめ、細かいところ大きなところ、反省点は数多くありました。
それについては後編にてといたします。
posted by D-Pro at 22:03| Comment(0) | スタッフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

取材の模様が記事になりました(あわら)

賢竜杯お疲れ様でした(遅)

あの激闘の2日間が幕を閉じてから2週間が経ちましたね。つい昨日の事のようでもあり、もう随分前のようでもあり…複雑な気分です。
賢闘士の皆様方もオフシーズンで羽を休めている人、既に次を見据えて新たな試みを始めている人など様々かと思います。

スタッフ一同も各々本業に戻り、賢竜杯Xii関係の作業としては皆様から頂いたアンケートの回答やスタッフ内の反省点をまとめたり、会計の処理やら予選開催にご協力頂いた店舗へのノベルティの発送など…こまごまとした後片付けの作業を行っているところです。

そんな中、賢竜杯本戦の模様を取材してくれたQUIZ JAPAN誌の記事(http://quizjapan.com/?p=2901)が昨晩公開になりました。皆様もう読んで頂けましたか?

ルール面や最強解説陣による配信、技術班によるビジュアル面での演出など、自分たちが頑張った部分を取り上げて頂けるというのは嬉しいものですが、そういった感情は抜きにしてもQMAの店舗大会の醍醐味を分かりやすく解説した非常に良い記事だと思いますので、まだの方は是非読んでみて下さいね。

来期のジャパンツアーがどうなるか、賢竜杯は果たしてどこへ行くのか…w まだ未確定なことだらけですが、私自身は大会成績もスタッフとしても色々反省する部分がありますので、もうちょっと頑張ってみようかな~と思っています。
それではまた、いつかどこかでお会いしましょう!
posted by D-Pro at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。